Table Talk
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ]
雑談部屋です。PSoC関係の質問等はPSoC フォーラムへどうぞ


[1691] スペアナ 投稿者:P73 投稿日:2013/06/13(Thu) 20:12  

スペアナですか
最近のDSP使ったものは裾特性とか 表示が結構でたらめですよ
DSPはネットアナには向いてるのですが 実信号の表示はね??
150Kでしたら オクではたけばそこそこの物がありますけど
人に勧めるものじゃないかも知れませんが(笑)


[1690] Re:[1689] [1688] PSoC1で100MHz超の周波数カウンタ 投稿者:P73 投稿日:2013/05/31(Fri) 09:16  

> まさか100MHz超とは・・・
それは24233が特別なのかも知れませんね
私が29466でカウンターを作った折には(規格の48MHz通り)
50Mhz弱までしかカウントしませんでしたね


[1689] Re:[1688] PSoC1で100MHz超の周波数カウンタ 投稿者:ectoyfan 投稿日:2013/05/30(Thu) 23:44  

> 以前70MHzぐらいまでカウントできるのを確認しましたが、まさか100MHz超とは・・・。

ご無沙汰しております.製品レベルでは怖くてできなさそうですがw,すごいですね.

30年前ぐらいのこと,クロック2MHzで動作するZ-80マシン
にPSGをつけようとして,IOポートが選択されたよ,という信
号を作ろうとしてTTLで回路を組みましたら,ICの動作が遅く
てうまく動かず,結局先輩にアドバイスされて,ロジックの
組み合わせ方を変えたらめでたくうまくいった,という経験
があって,それがもう74LSの時代でしたから,MHzは速い,
なにせ1μ秒だもんな,という頭があって,そんなレベルな
もんですから,100MHzなんていうともう雲の上で…
PSoC1でアマチュア無線機の周波数カウンタはHF+50MHz
なら十分作れる,ってことですもんねえ.しみじみ...


[1688] PSoC1で100MHz超の周波数カウンタ 投稿者:edy 投稿日:2013/05/28(Tue) 20:23  

http://secsuzuki.blog19.fc2.com/blog-entry-2421.html
↑のサイトでCY8C24223で118MHzまでカウントしてます。
以前70MHzぐらいまでカウントできるのを確認しましたが、まさか100MHz超とは・・・。



[1687] Re:[1686] プログラマブルなFV変換IC 投稿者:JUNK-BOX 投稿日:2013/05/24(Fri) 17:32  

> プログラマブルなPGA-ICとかは、あるようですが、FV変換器は存在しますか?

とりあえず、「Frequency Voltage Converter Programmable」あたりの
キーワードでGoogle先生にお願いすると見つけてきてくれるようですが、
入手性はあまり期待できないかもしれませんね。


[1686] プログラマブルなFV変換IC 投稿者:あったん 投稿日:2013/05/22(Wed) 14:39  

プログラマブルなPGA-ICとかは、あるようですが、FV変換器は存在しますか?F(周波数)をV(電圧)変換するためのIC素子を探しております 


[1685] CY3271ではうまくいくようです 投稿者:ectoyfan 投稿日:2013/05/19(Sun) 20:37  

番号が1番違いのCY3271ではMF_CS_SLIDEの出力を
Bridge Control Panel(BCP)から見るのは
うまくいっています.リストもとれています.
回路図を見る限り,PC bridge部の回路図は
slaveの24894への書き込みが追加されていますが
3270とほぼ同じです.外部に装置をつないだかどうかを
みているピンがありますから,ファームは共通かもしれません.
ファームが手に入るかどうかはCypressに問い合わせてみるしか
ないのではないでしょうか.ちなみにPSoC4 Pioneerボードは
PSoC5LPがPCブリッジをやっていますが,これのファームはhexで
供給されていて,2つPSoCが載ったボードとして使っていいよ,
という方針になっているようです.
念のため3270のほうのMF_CS_SLIDEもMFカードに
書き込んでみましたがBCPから見えました.
ただしプログラムが微妙に違っていて,
3270の方では位置情報しか返していませんが(しかも
0-99の範囲なのにintで書き込んでいるので2バイト
目にしかデータが出てこない),
3271のサンプルでは,1バイト目にLEDの転倒情報,
2バイト目にスライダの位置情報を返してきます.
送るコマンドは
w 5 0 r 5 x x p
になります.たとえば受信結果は以下のような感じです.
Opening Port
Successfully Connected to FirstTouchRF/0819DDC33E22
FirstTouch Programmer Version 1.90
RESET device <- Reset ボタンを押した時の表示
Devices list: 8bit 7bit <- List ボタンを押したときの表示
address: 0A 05
w 05+ 00+ r 05+ 00+ 00+ p <- スライダに触っていない
w 05+ 00+ r 05+ 01+ 15+ p <- スライダに触っている 位置21 LEDは青
w 05+ 00+ r 05+ 02+ 35+ p <- スライダに触っている 位置53 LEDは緑
w 05+ 00+ r 05+ 03+ 5B+ p <- スライダに触っている 位置91 LEDは赤



[1684] Re:[1683] FirstTouch KitのI2C通信 投稿者:JUNK-BOX 投稿日:2013/05/17(Fri) 20:32  

お褒めいただきまして、ありがとう御座います。

> この記事でEzI2Cを使ってブリッジコントロールパネルと
> 通信されてますが、何か接続にコツがありますか?
特にこれといったものがあった記憶は無いのですが、
ソフト的にはデバイスアドレスの設定、ハード的には
GNDの接続とプルアップ抵抗をお忘れなくという程度
でしょうか。
ロジアナやオシロで波形を見るのが一番手堅いと思いますが。


[1683] FirstTouch KitのI2C通信 投稿者:P73 投稿日:2013/05/17(Fri) 15:13  

ところで、あらためて「改定はじめての・・」を読んでいるのですが
MACなど見所が満載ですね、今回気が付いたのですが
FirstTouch Kitを使った記事もありましたね
 
この記事でEzI2Cを使ってブリッジコントロールパネルと
通信されてますが、何か接続にコツがありますか?
と言うのは現在当方もFTKを使ってテストしているのですが
 
拡張ボードは認識されてもI2Cの通信がうまくいきません
「Reset」と「List」のコマンドが機能しないのです
もちろんデータ表示もできません
その件ではフォーラムでも相談しているのですが
まだ答えは出ていません
  
この件は当「PSoCフォーラム」が相応しいでしょうから
移行しても構いませんが。

http://www.cypress.com/?app=forum&id=1573&rID=79894


[1682] Re:[1681] [1680] [1679] PSoC送受信機 投稿者:JUNK-BOX 投稿日:2013/05/15(Wed) 16:12  

> 「積和演算回路」ですね
えぇ、積和演算回路はPSoC1にもありまして、29466では
2個持っていますけどもね。
8ビット入力で積が16ビット、和が32ビットですけどね。
CPUが介在してしまうので、オーディオ帯域を越えると
ちょっと厳しいかなぁ?という気もしますが。

周波数ステップを細かく弄ろうとするとなかなか・・

まぁ、PSoC3/5使うなら、
http://ae9rb.com/index.php?main_page=product_info&cPath=1&products_id=8
なんていうところに転がってはいるので、新鮮味は無いんですが、
どうせやるならコピーじゃなくて、自分の頭を使ってみたい
ところですね。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20]