[管理者用]

イゼルローン日誌
宇宙・・・それは人類に残された最後の観光地である

         
戻る 
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
2022年

2022年07月
7月31日 きのと とり:住吉大社祭
・なんとなくCATVでやっていた「呪いのビデオ」を流していた。VHSなビデオテープなのだけど、ブロックノイズのようになって人の目が現れるというのにちょっと笑ってしまったけど、まぁそういうのもありか。
・新型コロナで感染防止か経済かという話しが出たり、あちこちで感染者や濃厚接触者が現れて閉鎖や業務が止まったりいているというけれど、これは人口が減少するとどうなるのかという未来の先取りなのではないかという気もする。いずれこんな風になる。それならどうしたら良いのか今から考えておくチャンスでもあるのかもしれない。

7月30日 きのえ さる:下関彦島八幡宮夏越祭
・重症化リスクの高い高齢者に不要不急の外出自粛を求めるということを言い出したようだけど、意味はあるのだろうか。高齢者の感染率は現役世代と比べると格段に低い。絶対的な人数比もだけど、人口の比率を考えれば、圧倒的に低いということがわかる。そして、感染の拡大はまず若者から始まり、そこから全世代に拡大していく傾向がある。同じように行動しているなら、お年寄りの比率がもっと高くなるはずだろう。つまり、高齢者の行動は(意識しているか否かは別にして)充分に抑制的であると言っていい。
・そして、感染経路である。2年前のデータだと、8割が家庭内と施設内感染であるという。つまり大半は外部から持ち込まれて感染しているということになる。
・お年寄りが感染リスクのある場にでかけているのではなく、お年寄りの行動範囲内にウイルスが持ち込まれているという解釈のほうが正しいだろう。
・発表している文書も「自らの命と健康を守るため、高齢者は、医療機関への通院、食料・衣料品・生活必需品の買い出し、必要な職場への出勤、屋外での運動や散歩など、生活や健康の維持のために必要なものを除き、不要不急の外出を控えてください」などという、どこまで行っても句点のない、ダラダラとしたお役人文章である。何か言われた時のために片っ端から例外を詰め込んで逃げ場を作りましたという感じだけど、法律屋ではないのだから「”例外”は伝わらない」ということは頭にいれておいたほうがいい。実際に報道でも「高齢者に外出自粛を求める」という見出しにしかなっていない。
・「不要不急の外出」などというものも意味不明である。外に出歩く、親しい隣人・友人と合うこと、話すというのもお年寄りにとっては「健康の維持」のための活動であろう。若者と同じ感覚で語るのは頓珍漢というものだろう。運動だけが健康維持のためのものだ、家の中でスクワットでもしていれば良いなんてと思うのは大間違いである。
・「高齢者と接する方も行動の自粛を」と言っているけども、そうした方にも家族がいたりするだろう。ならば
 ・高齢者と同居している
 ・高齢者と接する機会の多い仕事をしている家族がいる
といった従業員がいる場合にはその職場の方々全員が行動自粛すべきとしなくてはお年寄りへの感染は防げない。でも、そこはすっぽりと抜け落ちている。
・お年寄りの感染経路を調べるたらこうでした、その経路を断つにはこうしてくださいと、ロジカルに話をしないで、気分だけ漂わせるような真似はいい加減やめてもらいたいものだ。もう21世紀なのだからね。

7月29日 みつのと ひつし:木曽開田 八幡宮例祭
・マニュアルがだいぶできたがもうひと押し。

7月28日 みつのえ うま:阿蘇神社祭
・SmallBotの動きがやっぱりおかしいときがある。どうも超音波距離センサがタイムアウトになるタイミングがあるらしい。まぁ、そんなこともあるかな。仕方ないので変更する。良い感じになった。

7月27日 かのと み:大山阿夫利神社夏季例大祭
・「おおやまあふり神社」ということらしい。
・SmallBotのLCDパネルが無表示なのがつまらないので、表示を埋め込んでみる。結局どこぞで作られたライブラリを利用しているんだな。printクラスから派生させているのか。なるほどね。
・表示はそれほど難しくはない。まぁprintf()ではないので、書式は使えないけどとりあえず表示させるには充分だな。

7月26日 かのえ たつ
・便乗値上げと言いたくなるような値上げラッシュ。無意識のうちに出費が抑えられていくようで、今月の予算枠が1万5千円ほど余っている。誰かさんは値段が上がると貯金に回る分が減り、流通するお金が増えて景気が好転すると言っていたようだけど本当かな?

7月25日 つちのとという う:大阪天神祭
・「次の手」が思い浮かばない。そんなことをしているうちに、液晶時計の表示がおかしくなってきた。いよいよ寿命かな。

7月24日 つちのえ とら:鶴ヶ島高穂神社境内杜祭
・とりあえず目先のことを片付けるか

7月23日 ひのと うし:木曽水無神社みこしまくり
・Chromeはどうやら「どなたが使用しますか」画面を出しているつもりになっているらしい。とりあえず、表示できるようにした後で、設定=>システムで「ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する」をOFFにして再起動したらうまくいった感じがする。動画を見たり、ゲームをする人ではないので、別にそんなレンダリングで遅くなってもかまわん、かまわん。
・GXだの、起業の支援だのと言っている。世界に出ていけるような企業が育ってこないからという。でも、恐らく、天下り先だのお友達企業にお金が流れていって終わりになるだろうな。
・未来のことも大事だけど、起業する側だって人間なわけで、「食べていく」ことが必要である。食べていくためにはお金がいる。起業しろというなら「売上高がゼロでも食べていくのには困らない、将来に不安を抱かずに済む」ことが必要である。ここをどうにかしない限り、どうにもならないだろう。

7月22日 ひのえ ね:気比神社総参祭
・PowerPointで作っていたテキストで、課題の解答ページを更新誌忘れていたことを発見。慌てて修正して音声も再録音。焦った。
・突然Chromeの起動がおかしい。画面が真っ白になったりそのあと真っ黒になってその先に進まない。試しにaptでremoveして.debパッケージで再インストールしたけど結果は同じ。何なのだろう。しばらくいろいろいじっていると、真っ白や真っ黒な画面の上でマウスカーソルを動かすと時々マウスカーソルの形が変化する。ひょっとして?と思ってクリックしたら、見慣れたGoogleの画面が出た。これはレンダリングかなにかを間違っているのかな。謎な現象だ。FireFoxはちゃんと動くのだけどな。

7月21日 きのと ゐ:旭川 上川神社祭
・元首相の国葬について賛否両論ということのようで、特に費用を公費から賄うのが気に入らないという声もあるようだ。この際募金で賄ったら良いのではないかと思う。1億程度のお金はすぐに集まると愚考するし、海外からの募金も来るのではないだろうかな。余ったお金は何らかの基金を作ってやるといい。個人的にはRaspberryPi財団のようなものが良いんじゃないかいなと思ったりもするが。

7月20日 きのえ いぬ:西宮神社夏祭
・爆発的といって良いくらい順調(?)に武漢ウイルス感染が拡大中である。相変わらず東京都は重症者の基準を国の基準より厳しくして見た目の数字を小さくするのにご執心。メディアでも東京都基準の数値しか報じない。国基準なら、重症者は東京都だけで500人に迫る勢いである。
・おかげで既に保健所や発熱相談センターから発熱外来へというシステムそのものが崩壊している。
・経済を回すために、行動制限は求めないという。つまり、感染拡大は放置するという宣言である。さて、それならそれで、「じゃあ、倍倍ゲームで増えた時にどういう風に対処するのか」ということを考えなくてはいけない。何も考えずに対処は現場に丸投げして「なんとかしろ」というのは無謀である。戦略レベルの失敗を戦術レベルで挽回するのは不可能とであるというのは歴史が教えるとおりである。
7月19日 みつのと とり:木曽総社 御嶽神社例大祭
・ということで、うちにもやってきていた「太和田誠」さんあての荷物が届きますよメール。最初は「えきねっと」になっていたのだけど、今度到着したのは一応Amazonだと言っている。あまりにもお馬鹿だったのが解ってしまったかららしいけど、差出人のメールアドレスがデタラメ。相変わらず間抜けなようだ。
・で、ヘッダを見ると、悪名高き163data.com.cn。ということで、自動的にゴミ箱行きになるようにフィルタを設定。

7月18日 みつのえ さる:瓢箪山稲荷神社例大祭
・東大阪市の神社なのか。そんなに高い山があるわけもないし、瓢箪山という名称からなんとなく想像しながら検索したらやはり古墳だったようだ。
・冷凍したまま放置状態だった食パンもそろそろ消費せねばなということで、同じく冷凍したままになっていたベーコンを軽く炒めて真ん中に卵を一つ落として少し焼き固めたのを、パンの上に乗せて胡椒を振ってからオーブントースターで焼いてみるといい感じの半熟になった。
・横にちょいと葉っぱなサラダを付け合せてみる。センスのある人が盛り付けて、オレンジジュースでも添えてやれば、映えるのかもしれないけど、そこは諦めよう。とりあえず、「余りもの消化」だったけど美味ではあった。

7月17日 かのと ひつし:京都八坂神社祇園祭
・世間では三連休なのだが、こちらは関係ない。
・ちょっとした騒動でアタフタとしている。そんな中でも食べるものは食べねばな。冷凍庫をあけたら冷凍春巻きがあったので、オリーブオイルで焼き揚げしてみる。まぁ、中身はお値段並というところかな。

7月16日 かのえ うま:下関厳島神社夏越祭
・下関にも厳島神社があるのかと今更ながら。
・テレビで夢野久作を紹介しているのを見て、なんとなくiBookで無料になっている「ドグラ・マグラ」をダウンロードして読み始めてみたけど、ちょっと途中がくどい感じで、中盤をかなり読み飛ばしてしまっている。ついでに「瓶詰地獄」も読んではみた。

・番組でも触れていたけど、助けを求める手紙が漂着していたのだから、それを見て助けに来たのではないことは明らかだろう。ただ、それよりも、船に乗っている両親(と思しき姿)が識別できるほど近いところまで来ている状態から、あんなに長い手紙を書いて瓶に詰めて蝋で封をして流すなんていうことは時間的にも変なので、「という夢を見た」というあたりなのだろうな。


7月15日 <font size=3>つちのと み:福岡櫛田神社山笠
・なんとなく眺めた「趣味の園芸」で熱帯睡蓮というものを知る。容器の大きさに合わせて育つということで、小さいガラス容器でもちゃんと育って花が咲く。普通のハスと違って水面から茎を伸ばした先に花が咲くこと。これだけ小さくできるのだからデスクの上にでも置きたいところだけど、太陽が大好きというのか、要は燃費が悪いので、室内のあかりでは少々厳しい(日当たりの良い出窓などなら大丈夫なのだろうけど)らしい。
・ならば、LED照明でと思ったら、確かにやられている人は結構いるようだが、紹介されているライトが結構なお値段ときた。
・ところで、LEDで育てるとしたらどのくらいの波長になるのかなとこれまた検索すると、基本は660nmの赤と450nmの青ということ。で、緑はあまり使われない(葉の色も緑色・・・ということは緑を反射している)のかと思ったらそんなことはなくて、葉の中で緑色の光を何度も反射させて吸収するような仕掛けになっていて、緑のエネルギーもちゃんと利用しているという話しだ。
・更に見ていくと、赤と青を同時に点灯させるより、交互に点灯させたほうが生育が早くなるといった報告があったり、赤と青では役目が違うという(赤が生育、青は形状を整えるのに役立っているとかなんだとか)ということで、この世界も色々興味深い。
・となると、やっぱり660nmで数WクラスのLEDというものを試してみたくもなるものだけど、さて、どうしたものだろう。

7月14日 つちのえ たつ:熊野那智大社例大祭
・マニュアルづくりは続くよどこまでも。図版は描画キャンバス、文章はテキストボックスでレイアウトしているのだけど、なぜかセーブしておいて再度読み込むとレイアウトが崩れているというよくわからない事象が発生する。左詰めにしていたところが中央揃えになっているところが登場したりと、何が起きているのかさっぱりである。とりあえず修正しては再度セーブ

7月13日 ひのと う:靖國神社みたままつり
・ちょっと眺めていた「教祖のムスメ」がなんとなく気に入ったけど、いろいろと入り組んでしまってどういう風にまとめるのかわからない。自分がストーリーを考えていたら収集つかなくなりそうだな。

7月12日 ひのえ とら:湊川神社例祭
・旧統一教会絡みでいろいろ賑やかになっている。いろいろややこしい事情と歴史があるようだな。
・テキストもだいぶできてきた。結構難儀するな。

7月11日 きのと うし
・エアコンを28℃設定にしろとか言うけれど、28℃は暑いだろう。
・太平洋高気圧が消えて梅雨のようになりそうだとか。自然界はそれなりにバランスが取れるようになっているのだろうかな。

7月10日 きのえ ね:鹽竈神社例祭
・結果は概ね順当というところか。
・さて、安倍元首相の警備体制についてあれこれと言われている。「他の人がたくさんいるから、自分一人が気を緩めても大丈夫だろう」と考えてしまう集団心理もあったのだろうかな。

7月9日 みつのと ゐ:浅草ほおずき市
・とりあえず権利の行使はする。結果はだいたい予想がつく。野党共闘が出来なかった以上、票が割れる。与党と、そして既存政党への不満の受け皿としての諸派が有利になるだろう。

7月8日 みつのえ いぬ
・元首相を銃撃、殺害するというとんでもないニュース。映像を見る限りは自作品のように見える。白煙がかなり上がっていたので、あまり出来は良くないのだろう。花火の火薬でも使ってガス管からベアリングを発射するようにでもしたのか。3Dプリンタで作ったパーツと組み合わせたとかなのか。

7月7日 かのと とり:白峯神宮精大明神祭
・某議員さんのビルの3Fにある事務所のベランダに生卵が投げつけられたというのが自作自演ではないかというのがトレンドになったようだ。確かに大人の肩なら卵を3Fのベランダに向かって投げ入れることもできるだろう。
・ベランダの手すりから落下地点までの水平距離は30cmあるかどうかという感じで、ベランダの開口部は1mくらいの高さから1.5m程度だろうか。この開口部を通る放物線を描くと投擲(とうてき)した範囲がわかるだろうな。簡単のためにベランダの手すりの位置に放物線のピークがくるとして、ベランダの床面の高さを仮に6mでベランダの手すりギリギリの1mのところになら、放物線のピーク位置は7mだから、0.3×√(7/1)≒0.8[m]、ベランダの天井近くでベランダの床から2.5mなら地面から8.5mのところがピークだから0.3×√(8.5/2.5)≒0.6[m]ってことで、まぁだいたい建物から60〜80cmくらい離れた位置から投げたことになるのかな。ストリートビューで見ると、歩道に植え込みがあるので、残った歩道の真ん中あたりか。
・あとは卵の割れ方に疑問がついている。仮に手すりギリギリとしても1m程度の高さからコンクリートの上に卵を落としたのと同じようなものなわけで、果たしてあんなに綺麗に先端だけもげたようになるのかということ。確かにうっかり台所で卵を落とした時を考えても、もう少し悲惨な状態になりそうな気もする。まぁ、こればかりは実験してみるしかない。卵をたくさん使う人に、ぜひアルミホイルでも敷いた上に落として試してもらいたいというところだな。
・なんとなくカラスの仕業説というのもありそうな気もする。

7月6日 かのえ さる
・結局「しとしと雨」で済んだ。
・先日からカーテンを少しずつ洗っていたのだけど、フックが経年劣化していて、外そうとするとU型になったところからポキッと折れるという状態になっているものが次々と。おかげで予備で持っていた分も使い果たしてしまった。まだカーテンはいくつもあるし、買い足しておかないとだめだな。

7月5日 つちのと ひつし:北門神社例祭
・北門神社ってどこ?と思ったら稚内。なるほど、「ゲート」だな。
・台風が横断していくという形でこの当たりも通るらしい。予報で見ると結構な雨になる領域が微妙にかかっている感じ。さて、どうなるかと思ったけど、深夜になっても静かだな。

7月4日 つちのえ うま
・テキストづくりをしているけど、なんかペースが上がらない。だるさもあるんだな。

7月3日 ひのと み:三郷戸ケ崎 香取浅間神社例大祭
・auはまだ復旧できず。VoLTE(ボルテと読むらしいことを今頃知った)の交換機が発端という公式発表だけど、どこまで本気で信じて良いのかはよくわからない。一箇所の機器からドミノ倒しのように全国に波及するものだとしたら、それもまた問題だろう。

7月2日 ひのえ たつ:半夏生・そんなところで、auが通信障害を起こして、これを書いている時点でもまだ復旧できないらしい。
・いまはいろいろなものが携帯電話のネットワークに依存しているので、これだけ時間がたっても復旧しないとなるといろいろまずいだろう。
・とりあえず、UQ WiMAXは大丈夫なようだ。携帯はdocomo回線だったのでなんとかなっているし、自宅WiFiも3ルートあるし、いよいよとなればアマチュア無線だな。
7月1日 きのと う:亀戸浅間神社山開例祭
・夏のボーナスとかで100万円以上というのがぞろぞろと。あぁ、そういうのも昔あったなと思い出す。お金の話になると人生全部失敗という感じが漂ってしまうので、ここで打ち止め。
・さて、そんなところで、ドキュメント作成であるけれど、なかなか進まない。パワーが落ちているなぁ。

前月 次月
エース