[管理者用]

イゼルローン日誌
宇宙・・・それは人類に残された最後の観光地である

         
戻る 
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年

2017年10月
10月13日 ・大学入試の英語について、民間の試験を導入するという動きになっているらしい。今後AIの発達で自動翻訳がものすごい勢いで進むという世の中にあって、なぜそんなに英語を重視したがるかが不思議だ。
・民間の試験となると、それなりの金額の受験料というものかかるわけで、このあたりに何やら香ばしい香りがしなくもない。
・そして、4能力を図ろうという段階で一番有利になるのは恐らく帰国子女や留学経験のある人だろう。特にリスニングとスピーキングに関してはネイティブと長時間接していた人は圧倒的に有利ではないだろうか。そして、こうした経験を積めるとなると、大抵は親の所得はそれなりに高いのだろう。
・そういえば、幼児教育の無償化についても、現段階で既に所得に応じた負担ということで、低所得者ほど減免されている。これを全て無償にすれば、軽減されるのは高額所得者だ。そういうことなのかな?

10月12日 ・先日の問題点はやはり昔のファームウェアを誤って書き込んだだけのことだったらしい。修正版で正しく動いたようだ。これで一安心。先に進むことができるようになった。

10月11日 ・相変わらず暑い。仕方ないので片付けた夏物を数点引っ張りだす。またガッツリ洗濯して収納せねば。

10月10日 ・体育の日は昨日に移ってしまったけど、やはりというのか、特異日でやっぱり晴れ。
・さて、ファームウェアの問題点を解決した・・・はずが、現地から「やっぱり動かない」旨の連絡メール。
・あまりにも変化が無いのでメールの中身を再チェックすると、変更したままにしてあるはずの動きが元に戻っている。これはひょっとして・・ということで確認の連絡を入れる。これが問題なら楽なんだけどな。

10月9日 ・ボチボチと進める第二弾。相変わらずボロボロな状態だけど、やはり繰り返していればちゃんと頭に残っていく。
・ちょっと不思議なことだけど、スマホのパズルゲームの類をやってしまうとしばらくの間、極端に頭が回らず、記憶力も落ちるが自分で自覚できるほどはっきりと現れる。
・ひところゲーム脳だ、いや、あれは違う・・と色々言われたけど、少なくとも私の脳みそにとってはあまり好ましい結果はもたらさないらしい。程々に留めるように注意しよう。

10月8日 ・1年の計の第二弾ということでちょっとしたことを始めたのだけど、これが結構ボロボロで泣けてくるような結果に。相当な「機能回復訓練」をしないといけないようだ。頑張れ自分。
・割と政権与党に厳し目の態度を取るマスメディアだけど、このところの報道はどうもちょっと違うスタンスに見える。党首がよほどマスコミ各社の癇に障るような態度をとっているということなのかな?
・さて、そんなところで、夏物の洗濯。ここできっちり落としておかないと、今年のように襟だの袖だのに輪ができてしまうだろう。
・ひとまず終わって、衣替え。「あぁ、こんなの持っていたんだっけ」というものも出てきたけど、いささかくたびれたものも多いな。少し整理するか。

10月7日 ・どこかで「ベーシックインカム」なんて言い出している。結局はどこからか持ってきた金をばらまくという、鼠小僧方式なわけだ。
・で、財源はどうするの?っていう話が出るのは当然で、余力がない以上どこからか持ってくるしかない。消費税を引き上げるのに反対だとすると、あとは大きい物は法人税と所得税。
・仮に所得税を引き上げるとしても、富裕層に対する控除の減額や税率の引き上げなどは既に行われていて、これ以上はさすがに無理だろうし、引き上げても税収アップの効果は薄いだろう。
・となると、富裕層は差し引きベーシックインカム分だけ「オトク」になるわけだ。また、低所得者にとっても多少は「オトク」になるはずだ(ならないと制度の意味がない)
・ということは、この分の「オトク」は中堅層の「損」で成り立たせるしか無いだろう。
・整理すれば一番オトクなのが富裕層、その次にオトクなのが低所得者層、そして大損するのが中堅層という図式になる。こういう解釈でいいのかな?

10月6日 ・さて、そんなところで進展。ファームウェアの更新はうまくいったけど、問題の現象は相変わらず。
・じっくり見ていくうちに、プログラムのコーディングの問題ではないような気がしてきた。もしコーディングに問題があるなら、こっちでもあっちでも同じような現象が起きても良いはずなのに、この機能はOKでこっちは駄目という謎の挙動になっている。
・こういう時は、もう一回「CPUの気持ちになって考える」ことが大事だ。
・じっと眺めているうちにどうも気になるところが出てきた。もう一回腰を入れて調べてみよう。

10月5日 ・なんだか急に寒くなってきた。ちょっと買い物ついでに洋服の安売り店を覗いてみる。季節柄ネルシャツも出てきているけど、何故かネルシャツというのはチェック柄率が異様に高いのだけど、そんな中でぽつんと変わり種を発見。安かったので1シーズン使い捨てくらいのつもりで買ってみる。
・そういえば、ネルシャツを買ったことって無かったかもしれないな。


10月4日 ・テスト結果で思いもよらぬ方向に向かっている。何故かファームウェアが上手く書けていないらしい。そりゃあ、いくら修正しても治らないはずだ。
・もう一回腰を据えて考えなおしだな。

10月3日 ・わけのわからない現象が起きている。「事件は現場で起きている」なんて茶化している場合ではない。
・デバッガも使えないし、ターミナルも使えない・・ということで、苦肉の策で「これがこういう動きをしたら・・」というファームウェアを作ってテストしてもらうことに。

10月2日 ・すこし時間があったので少し勉強。知らなかったことがいろいろ出てくるというのは面白いことでもある。

10月1日 ・さて、残り3ヶ月というところで、1年の計として目標に掲げていたものがほぼ終わりそうな感じまでたどり着いた。まぁ完璧とはいかないけれど、手を付け始めたときの状態を振り返るとだいぶ上達した実感がある。
・「人間、その気になればなんとかなるものです」というのは本当だな。

前月
エース