[管理者用]

イゼルローン日誌
宇宙・・・それは人類に残された最後の観光地である

         
戻る 
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年

2018年10月
10月16日 ・消費税引き上げに関係して、テレビなどでも、軽減税率だのポイント還元だのといろいろとややこしいことをやっている。
・最も簡単に消費に悪影響を与えない、それどころか逆に消費を喚起する可能性さえあるのが給与への消費税課税だろう。つまり給料に消費税を上乗せして払うことにするのだ。
・給与所得が一定額以下の人は非課税、すなわち消費税分給料支払額を上げればいいし、一定額以上の人の分は、企業側で源泉徴収して納めればいい。
・企業としては、単に消費税を払う先が国や地方になるのか、給料になるのかの違いだけなので、損得はないし実務上の手間もたいしたことはない。
・これなら、一定額以下の人の給料手取りは消費税が上がるのに連動して上がることになる。
・今回導入すれば0%から10%なので、自動的に1割も給料が上がることになる。消費の落ち込みが抑えられるどころか、消費を喚起し、景気浮揚にもなるのではないのかな?
・消費税というのは、お金の流れが良くなればなるほど税収が伸びるのだから、消費が喚起されれば、結果的に消費税収は伸びるだろう。「損して得取れ」である。
・軽減税率だのポイント還元なんていうややこしいことも不要。実にわかりやすくシンプルな方法だ。物事はなんでもそうだけど、ややこしくするほどわけがわからなくなり、変な穴ができて破綻しやすくなるのだ。if-elseif-elseif・・のネスティングは少ないほうがいい。

10月15日 ・1年後に消費税率を10%に引き上げるらしい。それはそうとして、中小店舗でのキャッシュレスでの買い物時に2%をポイント還元することで緩和するぞなんて言っている。還元分は国庫から出すと。
・ちょっと待て、何かおかしい。店舗がキャッシュレス端末を新規に導入するとしたら、それなりに初期費用がかかる上に、決済手数料も採られるわけだ。つまり店側としてはさらなる税負担を求められるのと同じ。
・そして、たとえば電子マネーの類のポイントも使わずに蓄えてしまっているだろう。WAONなんかだと「センター預かり」からWAONポイントに移行させて、それを更に電子マネーに移すという手間がかかったりする。
・つまり、「死蔵ポイント」分は事実上ポイントではない。これをが補填されるということは、電子マネーの発行元である大手さんたちにに金をばらまいているのと一緒だ。
・還元の恩恵を受けたければ小売店は新たなコスト負担をしなさい、消費者側は電子マネーのカードを作って、チャージ、すなわち、金利ゼロで預けなさいということ。
・あまり面白くないお金の流れだな。

10月14日 ・割り込みがちゃんと動いたので、今度はDACを試してみる・・と、いきなりLEDの点滅がおかしくなった。
・どうやらDACを配置すると、DAC出力で利用できるピンの設定が自動的にAnalogに変更されてしまうらしい。いじってdigitalに戻してみたけど、どうもうまくいかないので、もう一度プロジェクトの作成から全部やり直してピン設定を変更したらうまくいった。なんだかよくわからないけどそういうものなのかな。気持ち悪いけど結果オーライ(昭和語)ということで。

10月13日 ・どうもMCCで作ったプロジェクトがうまく動いてくれない。いろいろいじり過ぎた感じがするので、一旦全部消してもう一回作りなおしてみる。とりあえず最小限としてタイマだけ選んで割り込みを設定。
・LEDをRA4とRA5につけて、main()の中でRA5側をIO_RA5_Toggle()で点滅、対回り込みの中でIO_RA4_Toggle()で点滅としてみた。
・ユニバーサルプログラマで書き込んでブレッドボードで改めてテスト。今度は無事動作。昨日の不調は何だったんだろう。よくわからないけどまぁいいか。

10月12日 ・トヨタとソフトバンクの提携でふと思ったのが、コンピュータそのものを販売する方向から、コンピュータを利用したサービスへと大きく舵を切ったIBM。
・これに倣うなら、「物」を提供して市場を作っておいてある程度「互換品」が出回った時点で「物」からソフトウェアやサービスの提供に軸足を移す。そしてそちらも参入が増えれば再びその上で利用できる「物」を・・・というスパイラルというのか、キャッチボール的に業態を変化させるということかな。

10月11日 ・秋月さんに注文していたPICが届いたので、MCC(Microhipのコードコンフィギュレータ)を使ってプロジェクトを作ってみる。書き込みはユニバーサルプログラマを持っているので問題なし。
・動かしてみると、なんだか随分遅い。変だなと思って良く見たら、CPUクロックが500kHzになっていた。まぁいいか。それはいいとして、タイマ割り込みを使ってみたのだけど、どうも飛んでくれていない様子。一応main()の中でLEDを点滅させてみるとうまくいくので、割り込みが入ったとたんに暴走するというのではなく、そもそも割り込みが入っていないのか。なんだよくわからない。もう少し調べてみるかな。きっとすごく単純なところを間違えているのだろう。

10月10日 女子の大学進学率、男子と格差 45道府県で下回る:朝日新聞デジタルなんていう記事が流れてきた。これをそのまま読めば、あたかも高等教育は男子が優先されているかのように受け取れる。ただ、実際の進路ということになると、何も大学だけではないわけで、そのあたりをちょっと眺めてみる。
・と、内閣府の男女共同参画局の記事があって、この中でも「女子の大学進学率は長期的に上昇傾向」と認めている。
・まず、高校への進学率でも女子が0.3ポイント高い。
・専修学校も女子25.8%,男子18.9%と,女子の方が6.9%ポイント高い。
・そして、大学については実は女子には短大という選択肢があるわけだ。
この点についても「女子48.2%,男子55.6%と男子の方が7.4%ポイント高い。女子は全体の8.9%が短期大学(本科)へ進学しており,これを合わせると,女子の大学等進学率は57.1%になる」と書いているとおり、既に高校卒業後に更に教育を受けている比率は女子の方が高いのだ。
・しかも、28年度の同様の調査結果と突き合わせてみると、更にこの差が開く傾向にある。
・そして、記事で男女差が最も大きいとされる山梨県が出している山梨県教育統計調査報告を見ると就職者数は女子の558人に対して男子は886人となっている。
・これらを素直に読み解けば、女子には希望に応じて様々な教育を受ける機会が用意されるが、男子は高校/大学に行くか就職するかの二択になっているということになる。
・この記事を書いた人間が誘導したい方向は透けて見える…というより丸見えだけど、「教育格差」を問題にするなら、むしろ男子にこそ、多様な教育機会を提供すべきだということになる。
・こういうのを「墓穴記事」と呼ぶことにしようかな。

10月9日 ・昨日の日誌で「XC]と書いたのを見ていてX68000用のCコンパイラを思い出した。
・さて、PICなプログラムを作るのに、MicrochipのCode Configurator(MCC)でも使ってみるかと思い立つ。
・とりあえずMPLAB® Code Configuratorユーザガイドなんてあったけど、肝心の起動方法が書いてない。「プラグインツール」と書いてあるので、何か追加するんだろうな。とりあえず仮プロジェクトを作って、Tool->Pluginsを選んでみる。「Installed」にそれらしいものが無いのは当然として、「Available Plugins」にも何もない。なんかそれらしい「Click for Newest」したら現れた。
・「MPLAB Code Configurator」にチェックを入れて「Install」をクリックすればいいのかな?
・インストールが終わってMPLAB-Xが再起動。Toolの下かな?とあたりをつけてみたらEmbeddedの下にCode Configuratorがあったので選んでみる。
・とりあえず立ち上がったけどどんなものかな?

10月8日 ・久しぶりにPICのファミリに手を出してみることにする。EFM8のDIP版でもあればよかったんだけど無いものは無いので仕方ない。PIC24は以前扱ったけども、PIC16は昔々、ADB−PS/2変換アダプタをPIC16F84を2個使って作って以来じゃないだろうか。あの時はアセンブラすら使えず、ハンドアセンブルしたんだっけな。
・とりあえず動きを見たい程度なので、秋月で適当に見繕って手配して、MPLAB-Xをダウンロード&インストール。あぁ、そうだXCも必要なんだな。

10月7日 ・iOS12にアップデートしてみる。目立った違いはないけど、せっかく登録しておいた内蔵辞書がアンインストール状態になってしまったので、再登録。
「計測」なんてアプリが増えたとかってあったのでちょっと使ってみた。まぁそんなものだろうというところ。

10月6日 ・このところEFM8がお気に入りなのだけど、何気なくD/Aコンバータ付きが欲しくなってselector guideを開いてみたら、ほらあった。しかし、12bitのDACでdigikey価格で1個100円とは良い時代になったものだ。
10月5日 ・台風に続いてまた台風というところだけど、あちこちで漏電騒ぎになっている。京成線まで止まってしまったらしい。塩害ということだけど、漏電に至るほど塩分が付着したっていうと、その他のところは大丈夫なのだろうか。太陽光パネルからの電線なども劣化しているようなら要注意なのかな。
10月4日 ・マニュアルにちょっと付け足し。これでとりあえず完成。
・ちょっと筆算で計算していると、どうもミスが多い。細かいところでつい間違えるな。いかん、もう少し気をつけねば。
脳年齢チェックとかで、15個位ランダムに出てきた単語を覚えているかっていうのがあった。ぼんやり聞いていて13個まではすぐ思い出せたけど残り2つが思い出せないな。でも、これってイメージで記憶してしまえば割と簡単という気がする。

10月3日 ・簡単なマニュアルを作っておく。それなりに使えればいいとしておくか。
10月2日 ・特に台風による被害はなしと思っていたのだけど、今日、洗濯物と布団を干そうと思ってベランダに出たら、あれ?なんか風通しが良い。ベランダの柵に取り付けてある目隠し用のパネルが1枚外れて無くなっている。内側には無いので、外に飛んでいてしまったらしい。
・ざっと見渡したけど、外れたパネルは無さそうだ。どこかに飛んでいって誰かに当たったり、どこかのお宅を傷つけたりしていなければいいけどと思っていたときにお向かいのお宅の方が雨戸を開けたところでご挨拶。どうやら自転車置き場の屋根を伝って、お隣に滑り落ちていったらしい。管理会社には既に連絡済みということだけど、こちらからも一応連絡。
・それにしても、あんなパネル1枚だけど、外れていると文字通り「間抜け」に見えるものだな。

10月1日 ・そんなこんなの台風一過。昨晩はとにかく深夜まで風雨ともにすさまじかった。いろいろ珍しい現象も見てしまった。写真でもとっておけばよかったな。
・それにしても、だいたいは上陸すると「補給」が絶たれるので勢力が弱まるということを昔から良く聞いていたけど、結局暴風域が消えないまま北海道まで抜けて、今朝の段階でも970hPaというから結構なもの。どうなっているのやら。

前月
エース