[管理者用]

イゼルローン日誌
宇宙・・・それは人類に残された最後の観光地である

         
戻る 
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年

2021年03月
3月31日 つちのえ とら:防府天満宮御正祭
・原稿が仕上がった。こうやって原稿にしてみると、改めてこいつらの良さががわかってくる。改めてこれで何か作ってみたくなる

3月30日 ひのと うし
・原稿の追い込み追い込み。あと一息

3月29日 ひのえ ね:志波彦神社祭
・「しわひこ」と読むらしい。
・順調に感染が判明した人数が増えているようだ。やはり会話を伴う会食が大きな要因であることは確かなようだ、この際、イグノーベル賞も受賞したスピーチジャマーの廉価版を作って大量にばらまいくしかないか。
・とりあえず、目標としていた物がひとつ終わった。た。さて、使われないまま放置状態だったSTBを先日手に入った27インチディスプレイのHDMIポートに繋いでみたら、ちゃんとテレビが映った。ついでに余っていたポータブルHDDをつないでみると、ちゃんと認識された。一応動いたようだけど、やはり色合いはテレビにしては今ひとつ。まぁ、そんなものだろう。ここで問題がひとつ。あくまでもディスプレイなのと、STBのリモコンはテレビ側で音量調整をする仕様なので、音量が変えられない。一応テスト的に試しただけだけどもね。

3月28日 きのと ゐ
・風が強い。iPhoneの電話帳変更で、手間取る。スクリーンタイムでパスワードをかけていたのだが、これが思い出せない。何故か最初から6回位間違えたことになっているから、誰かが弄ったのだろう。7回め、8回め・・となって9回めになると1時間経たないと入力できなくなる。そして10回めで間違えるとロックされるか、あるいは完全にデータクリアかという二択という瀬戸際。
・ロックされてはしょうがないので、データ全部クリアということにして、とりあえずデータを全部バックアップしておく。
・ここで、ダメモトで、スクリーンタイムのパスワード変更を試そうとすると、何故かパスワードの間違えカウント表示が出ない。あれ?と思って入力すると「パスワードが違います」となるけど、リセットされる風でもない。しかも、すぐ次の入力画面になる。ということは、電話帳側の変更の繰り返しとは別のカウントになっているのか。改めて冷静になって思い浮かんだ数字を入力したら無事解除された。でも、この数字って最初に入力してみたはずなんだけどな。入力で手が滑っていたかな。

3月27日 きのえ いぬ:鵜戸神宮春の縁日大祭
・プログラム作成。さて、RaspberryPi4で内蔵のWiFiを動かさないようにして外部にWiFiドングルを付けたい。家でPCにつないでいたものを外して試したら昔買ったものはそのまま認識されたけど、新しく買ったものは駄目。大昔に買っていたものは当然のように駄目。
・いろいろ相手を選ぶようなので、検索すると、
PlanexのGW-USNANO2

アイ・オー・データのWN-G300UA
の二つはUSBポートに挿せば良いらしいけど、それ以外はどうなのだろう。

3月26日 みつのえ とり
・そんなこんなで提出。「郵送してくれ」と大きい文字で書いているので、郵便局に行って送付。果たして補助して頂けるのかどうかは知らないけども。
・ついでに84円切手と10円切手を買う。84円切手を10枚買うと、切手シートが用意されているということでオススメされる。とりあえず一番無難なのにしたけど、なるほどこういうシール切手をいろいろ使うのも楽しいかな。財布を出して支払おうとしたら、横にWAONのマークがあることに気付く。このまえチャージしたのがあったので「ワオン!」した。

3月25日 みつのえ さる:亀戸天満宮忘忌祭
・というところで、市役所から封書。なんだろうと思って開封したら、中小企業の現況の調査に協力してくれということ。それとともに入っていたのが「中小企業者事業継続支援補助金」のお知らせ。以前から何度も目にしているのだけど、また来たか。今月末が申請期限だということだ。なんとなく目を通していると該当しそうな気もする。昨年同月の売上高をチェックして計算してみると、外形的には該当するようだ。そんなにしつこく送ってくるならばと試しに申請書をダウンロードして記入。コピーは複合機でスマホを使って取り込んでPDFにして自分宛にメールで送付。これをPCで開いてプリントアウト。さて、封筒に入れて送付のためにとりあえず84円切手・・と思ったけど、気になって重さを測ったら25gを超えるので94円か。明日切手を買って来よう


3月24日 かのと ひつし
・昨日のリモートデスクトップの問題が解決。なんと、raspi-configで、Screen BlankingをYesにすると良いという謎仕様だった。とりあえず、これでリモートで全部片付けることができるようになったな。

3月23日 かのえ うま:旧初午
・というところで、ロボットというのか、ドローン関係のソフトウェアの修正。今回はRaspberryPi.とりあえず受け取っていたマスターのSDカードをddでコピーしておく。「マスターのバックアップ」と「ワーク用」の2枚を作る。RaspberryPIでやってみていたのだけど、なぜか2枚目で容量不足なんていう謎のエラーが出る。SDカードフォーマッタでフォーマットしなおしても駄目。
・ということで、仕方ないのでPCに繋いでPC上のLinuxでコピー。こちらは無事終了。
・できたSDカードを捺して起動。一応、PC側からネットで接続できた。が、なぜかリモートデスクトップで接続してもキーボードもマウスも受け付けないという謎なモード。何だろうな。とりあえず、sshで接続すればターミナルは使えるから良いんだけど。
・というところで、修正にとりかかる。とはいえ、トップがNode-REDで作られていて、色々なプログラムの起動/終了やデータの加工/受け渡しをNodeREDで始末してあげようということなので、処理の動きはわかりやすい。
・まずは、ドローンのカメラから配信されている動画をキャプチャしてファイルに落とすという機能を追加するということだ。ファイル名とかをちょっと細工しなくてはいけないのだけど、まぁ、そこはそれなりに作られたものがあるから、それをベースに細工して、Injectノードを付けてとりあえず簡単にテスト。色々小細工はしたけど、うまくいった。あとは、全体をまとめてやるだけだな。
3月22日 つちのと み
・昨日手に入れた27インチディスプレイだけど、このスタンド、上下左右に首振りするだけではなく、上下に移動できたり、90度向きを変えて縦長画面にすることもできることを知った。試しに回してみると、縦方向に長すぎて奇妙な感じだ。洋服店の姿見のような感じだなと思いながら、ふと、PC-100なんてあったなぁと思いだす。
・デジタル教科書がどうのということがまた目に留まった。すべてデジタルにするのか、紙と併用するのかなどいくつか文科省案を提示したようだ。多分、このタイミングを見て出したものだろうけど、東大での実験で、紙とペンで記憶するほうがタブレット(ペンを使う場合・使わない場合とも)よりも短時間で記憶が定着するという結果も出たようだ。
・仮に現状の教科書がデジタル化されたから画期的に何かが変わるのかと言われたらあまりそういう感じはしない。市販の知育おもちゃのようになるのではあまりメリットを感じない。
・それ以前に教科書が大型化・美麗化し、厚く大きく重くなっているのが問題だろう。紙というのは、非常に多くの情報を詰め込めて便利だけど、量が増えていくと急激に持ち運びが厄介になる。だからこそ「文庫本」というものができたわけだ。
・さて、教科書の第一の目的は、「基本をやさしい言葉できちんとおさえる」もの。そこを押さえればそこから先はより大量のデータを蓄えられるタブレットなりなんなりでも良さそうにも思えるけど、果たして小学生などの手荒な扱いにどこまで耐えられるのだろう。故障や、陳腐化も気になるところだ。
・そのあたりがとりあえず解決されたとするなら、ポイントを押さえた紙の教科書と、発展的に多くの内容を扱うデジタル教科書という区分けにするのが良さそうに思える。
・さらに「デジタル化」を進めるなら、そもそも「教師」という、教える能力にも大きなバラつきのある人間からアナログ的に教わることが必要なのかという所に行き着いてしまう。多くのベテラン教師/予備校教師などの知見を集約していったAIが作られて、様々な質問にも答えられるようになってきたら、わざわざ人が教える必要があるのだろうか。
・そしてもう一歩進めるなら、誰でもアクセスできるようにすればいい。何歳からでも学び直して良いし、何歳でもどんどん進んでしまって構わない。
社会性という面はともかく「学習」という面に関してはこれで良いんじゃないだろうか。
・ということを以前にも書いたな。


3月21日 つちのえ たつ:社日
・というところで、アレ気味のお天気の今日、次の仕事の準備をしていたら、テスト用のディスプレイが到着。ゲーミングディスプレイと呼ばれるもので、本当かどうか知らないけど、垂直240Hzに対応した27インチのディスプレイ。重い、大きい。箱から出して足を付けてさて、デスクの上に置くつもりだったけど、あまりにも大きくて怖いので、ちゃぶ台の上に置くことにした。HDMIが2系統にDP、そしてUSBハブ内蔵というところか。
・それにしても巨大だな。とりあえずPCと繋いで画面を出してみると、これはこれで見やすくて良いのかもしれないな。

3月20日 きのと う:川崎尾崎神社 ふせぎ祭
・国税庁からお知らせがきていたので、e-taxのサイトへ。まぁ、多分IEでやらないといろいろあるだろうなとIEでログインすべく、e-taxソフト(WEB版)のログイン画面へというのをクリックしてみるとインストールしろというメッセージ。それならばとダウンロードページで飛んでインストールしようとしたら画面の無限ループでチラチラと繰り返し。おかしいな、この前確定申告しているのに。
・ひょっとしてこれか?と、受付システムのログイン画面から入ったら何事もなし。
・結局届いていたのは「申告書を受け付けたよ」というだけのメッセージだった。さて、ついでなのでマイナポータルのサイトへ。名称が何だかなという感じだけど、要するにマイナンバーカードを使ったサービスの取りまとめサイトのようなもの。ここで、自分でマイナンバーカードとの連携を設定すると、マイナポータルで個人認証して、国税庁(e-tax)だの、年金ネットだの、総務省 電波利用 電子申請・届出システムLite(アマチュア無線の無線局の申請類に使っている)だのに飛べるというやり方。登録も解除も自分で設定できる。
・自分の情報が使われたのかどうかも見ることができるようだ。もちろん、ハッキングなどの被害があるとどうなるのかはとっても不気味なことでもあるけど、とりあえず、どんなものかと思って連携設定して飛ばしてみた。まぁ、便利といえば便利なのかな?たぶん、この利便性は「めったに使わないから便利」という類なんだろう。めったに使わないものであればこそ、入り口は1つえあるほうが良いわけだから。


3月19日 ひのえ とら:杉山神社荒神祭
・このところ花粉症がすごい。とはいっても、いつもの鼻炎薬が1/2錠(用量は一回2錠)とだいぶ控えめで済んでいるけど。ただ、それでも在庫が少しさびしくなったこともあって、20%オフクーポンで買っておく。48錠入って1000円しないのだからな。さすが第一世代
・100均で白木の箱を見つけたけどさすがに安っぽく見えるので、塗料も買って自分で塗ってみた。刷毛がないので、最初布に染みこませてやってみたけど、細かいところが旨く塗れない。何か良いものは?と見渡して見つけたのが束で買っていた台所用のスポンジ。これをくさび形に切ってやってみたら、良い感じで塗ることができた。全体だがダークブラウンになり、落ち着きのある雰囲気。これはいい。塗料がだいぶ余ったからまた今度使えるだろう。

3月18日 きのと うし:宇佐神宮祭
・PSoC6を眺めていたら、これもまた結構なものだったのだな。細かく見ていくとあまり気にしていなかった部分もよく見えてくるものだ。うん、やはりPROTOを買おうか。買って何をする?と言われると困るけど、この際もう一回「PSoC'er」になるか。

3月17日 きのえ ね:鹿島神宮春祭
・楽天のアフィリエイトなどで頂いたポイントが溜まっていたし、期間限定ポイントもあるしで、何か買おうかと物色していて結局購入したのが古本のジーニアス英和辞典の改訂版110円+送料なり。実はもっと新しい版のものもあったのだけど、レビューを見たらだいぶ分厚くなってしまったようなので、こちらを選択してみた。とりあえず、この前買った本棚に置くつもり。語数に関しては「ランダムハウス」を持っているし、ジーニアスの大英和は電子辞書にもあるしな。
・ということで、到着した。確かに箱はそれなりに擦れているけど、カバーを外したらほぼ新品同様。ほとんど使った形跡の見られないようなもの。いい感じだな。

3月16日 みつのと ゐ:廣田神社祭
・気がつけば株価がものすごい勢いで上がっている。なぜこんなことが起きているのかわからないけど、これは、マネーゲームで喜んでいるのがたくさんいることだろう。
・さて、PSoC4のAnalog Coprocessorを見ていたら、あぁ、こんなものもあったんだと思わされた。ちゃんと見ていなかったな。
・ふと気になってPSoC6を検索していたら、CY8CPROTO-062-4343Wなんていうのを見かけた。DigiKeyにある・・ということはマルツさんで手に入れられるわけで、見に行ったら3600円程度。これでPSoC6にWiFiにBluetooth、512MbitのシリアルFlash、タッチスイッチ/スライダに、SDカードスロットなどなど・・・ときたものだ。

3月15日 みつのえ いぬ:柞原八幡宮祭
「ゆすはらはちまんぐう」と読むらしい。
・さて、本棚に産卵していた本が整理したので、今度はその他のところを片付ける。本が移動したスペースに散らかっていたものを整理して並べ直し、レイアウトを変えたり、雑巾がけをしたりとゴチャゴチャやっていたら結構時間を食ってしまった。でも、こういう機会が無いと絶対にやらないからな。

3月14日 かのと とり:前鳥神社奨学神社祭
・市がやっているリサイクルショッピで見かけた本棚を買う。一見カラーボックスのようなシンプルなものだけど、細かい作りも違うし、なにより重くしっかり出来ている。学習机などで有名な小泉さんのものらしい。
・家に持って帰って、軽く拭いてから設置すると、なかなかいい雰囲気だ。この感じはやはりカラーボックスでは出ないかな。産卵していた本を整理して納めてみるとなんだか書斎っぽい雰囲気になってきた。入っている本は辞書だのなんだのと勉強用の物だらけで文学的な雰囲気は微塵も無いんだけどもね。

3月13日 かのえ さる:春日大社祭
・持ち株を見直す。あまり期待のできない銘柄を思い切って損切りして、もう少し期待できそうな銘柄にシフトすることに。今回はキャピタルゲインよりインカムゲイン期待。それにしても、あれとか、あれとか、さっさと売り払えばよかったな。長期的に期待のできないものは、プラスになったら利確するというのが基本かな。

3月12日 つちのと ひつし:奈良東大寺二月堂お水取り
・PSoC関係の原稿カキカキというところ。それにしても久しぶりに動かしてみるとやっぱりPSoCはいい。そして、今まであまり気にしていなかった部分も良く出来ていたのだなと改めて。もう少し使い込んでみればよかったか。

3月11日 つちのえ うま
・10年たったか。あっという間の10年、まだ10年、やっと10年・・・いろいろな10年だけど、自分はこの10年、何か進歩したのだろうかと思い返すと、確かに進歩したと思えることが一応あるということは救いかな。
・そんなところで確定申告も終わって一息つきながら少し勉強。そういえばPSoC5LPのDFBって直接紹介したことが無かったな。何故かTRMのチップ全体のブロック図にも出てこないんだけどね。

3月10日 ひのと み:山陽小野田市熊野神社春季大祭
・さて、確定申告も終わった。何気なく久しぶりにYahooファイナンスなどで株を眺めると随分と値上がりしている。ずっと損益マイナスだったのがプラスになっている。銘柄ごとに見ていくと、値上がり率が高いのに損益マイナスというものが1点。チャートを見るとそんなに高値掴みしたはずはないのにおかしいなと思って再チェックしたら、複数株買ったときのトータルの購入額を1株あたりの価格と間違えて登録したためだった。修正したらそれなりのプラス。まぁ、ミニ株だらけなので、銘柄は多いけど、評価額はちょっとよさ気なノートPCも買えない程度のだけどもね。

3月9日 ひのえ たつ:鹿島神宮祭頭祭
・そんなところで、確定申告である。とにかくe-taxなサイトでゴチャゴチャとやるわけだが、まずは青色申告のための決算書を作る。これは会計ソフトからぼちぼちを書き写す(というか、コピペ)だけでいい。一応必要な項目を埋めていくと、各ページに進むごとに一応データファイルとしてセーブできるようになっている。
・一通り終わって、こんどは所得税の申告。こちらは、生命保険料などをマイナポータルのサイト経由で連携できるということなのだけど、やろうとしたらナンチャラAPをインストールしろと言い出して、やったら今度は民間データとの連携のための設定がいるとか言い出したけど、結局どこでどうやって連携するのかわからない。諦めて手作業で入力する。
・あとは扶養家族だのを入力していってどうにかこうにか終了。間違っていないと思うのだけどな。とりあえず終わり。最終的には源泉徴収分がそれなりにあったので戻ってくる方向だ。さて、戻ってきた分で株でも買ってみるか。1万円あたり配当金数百円だけどもね。

3月8日 きのと う:武蔵三嶽神社春季大祭
・FPGAの環境を作ろうとしていたら、今のPCではメモリがカツカツだということが判明。HDD容量も厳しいしで、新規に調達してもらうことに。それにしても、今のFPGAって環境整えるだけでも大変なんだな。ゲート数が冗談みたいに膨れ上がっていることは確かだけどもね。
・さて、確定申告の方も決算仕分けを入力。あれ?そういえば学校の方からの源泉徴収票が無いぞと思って電話したら、今年からネットからダウンロードする形式に変わったのだとか。とりあえずログインして眺めるとあったあった。これを印刷すればいいのか。といっても、e-taxだと添付はしない。ということはPDFで保存しておいても良いっていうことなのかな?

3月7日 きのえ とら
・通帳入力は終わったので、続いて領収書の入力。こちらはたくさんある。A4の紙に貼り付けながら入力、入力。結構時間はかかったけど、とりあえず入力だけは終わった。

3月6日 みつのと うし
・確定申告のため、まずは通帳入力。今年はあまり入力項目がないな。それだけ個人での売上は無かったということか。

3月5日 みつのえ ね:啓蟄
・原稿書きを進めている。いろいろ書かなくてはな。
・なんとなくBBC Learningなんていうところで、6分間のニュースを眺めてみる。Transcriptをチラ見しながら繰り返し聴いていると、あぁそんな風に発音されるのか。こういうのも若い時分に集中的にできていたら今とは随分違う自分になっていたかな。

3月4日 かのと ゐ
・ZOZO TOWNでちょっとおもしろそうなものを見つけたのでクリックしたのが発送されたらしい。現物を見ずに買うのだからほぼギャンブルだ。だいたい数百円くらいのものしか手を出さないので、外してもそれほど痛くはないし、破棄するときも無料で回収してくれるから、良いのだけど。

3月3日 かのえ いぬ:ひな祭り
・ひな祭りだそうな。といっても、特別何があるわけでもないのだけども、
・DMで「中小企業等事業再構築促進事業」なんていうのが届く。「新分野展開や業態転換等の事業再構築を支援するもので、補助率は2/3、支給額は最大1億円にもなる補助金です。」だそうな。なるほどね。


3月2日 かのと み:東京狛江伊豆美神社節分祭
・福島の処理水の放出でゴタゴタしているという話を聞いた。そりゃ、風評被害というものは出るだろう。トリチウムは普通に原子炉があるところでは放出されているのだけども、やはり「気持ちの悪さ」は拭えまい。ここはIAEAあたりを巻き込んで、世界的な「お墨付き」をもらうくらいしないだろうな。
・さて、届いていた青色申告書の封を開けてながめていたら、給与所得控除、公的年金等控除が引き下げられ、基礎控除が引き上げられた。なるほど、両方受け取っている人は増税しようっていう魂胆か。更に眺めていると、「ひとり親に対する税制上の措置等」というのが目に留まった。「婚姻歴の有無や性別にかかわらず、生計を一にする子を有する所得500万円以下の単身者について「ひとり親控除」(控除額35万円)が創設されました」とある。ところが・・これが「子以外」や「子無し」で死別や離別の場合、すなわち寡婦控除(27万円)については見直しが無く、女性のみが対象となっている。単に男女の性別が逆だけで他の条件が全く同じであっても性別が男性だというだけで排除される。こうした公的な制度上の性差別を放置しているというのはどういう了見なのだろう。この点の是正をもとめないまま平等を叫ぶ方々を私は支持しない。

3月1日 つちのえ さる
・今年の確定申告の下準備。e-taxしないと青色申告特別控除額を65万円にしないぞという脅迫に屈して、マイナンバーカードを作り、ICカードリーダーを買ったわけだけど、まだ動作確認もしていなかった。とりあえず、マニュアルを見ると、とにかく繋げば良いらしい。添付のケーブルもなんか細いし、データ量も少ないしということで、ロースピードのHIDデバイスなのかな。とりあえず接続して、しばらくしてから、会計用の仮想マシン側につないだら、うまくいったようだ。さて、次は動作テストと思ったのだけど、マニュアルにあるようなプログラムなんてどこにもない。SONYさんのVAIOにはプレインストールされているのかな?こういうところはちゃんと書かなくちゃ駄目でしょう。SONYさんのパソリのページに行くと、ほら案の定、アプリがあった。ということで、インストールして動かしてみる。マイナンバーカードを付けてテストしてみたら、無事動作。
・さて、これで、今度は国税庁側へ。例によってEdgeは使わず、IEかChromeにしておくほうが良いようだ。そういえばネットバンキングもEdgeは駄目っていうことだったな。これだけ役絶たずはEdgeにこだわり、無理やりインストールさせて自画自賛メッセージを出すというMSは「恥知らず」という言葉を地で行くところかな。
・さて、JPK利用者ソフトとやらも必要らしいので、インストール。やはりあれやこれやとインストールさせられることを思うと、ホストOS側にインストールするのは嫌だな。ゲストOSで使うことにしてよかった。
・「証明書を見る」という欄があるのでクリックしてみると「署名用電子証明書」と「利用者証明電子証明書」の2種類がある。クリックしてみると、パスワードを尋ねられた。そうか、マイナンバーカードを作った時に設定したやつか。前者はアルファベットや数字などを使う長いもの、後者は数字4桁。確かこれかな?と試してみたらビンゴ、忘れていなかったな。とりあえず中身も見えたし、これで大丈夫。
・さて、この後、e-taxする前のユーザ登録が必要。この時にカードを使って登録すれば、IDみたいなのを入力しなくても良い。とりあえず、やってみると何も問題ない。名前などの入力もカードからの読み込みでOK。さて、パスワードを盗まれると、いろいろ面白いことになってしまいそうだなと思いながら、なんとか無事に終わって、決算書入力の直前まで進むことができた。よし、あとは帳簿入力して手作業で書き写す代わりにここに入力すれば良いのだな。
・ということで会計ソフトを起動しようとして、未だに使っているXPな仮想マシンを立ち上げて確認したら、2018年で止まっている。昨年も入力したはずなのにと、去年まで使っていたPCを見たら、こちらに最新の会計ファイル。そういうことか。会計データのお引越しをしてOK。さぁ、これで下準備だけはできたな。

前月 次月
エース